2022年7月1日金曜日

猫耳つきキーホルダー。

 毎度、猫チャリティ関連になります。


先月、チャリティイベントを行いました。


素敵なハンドメイドバッグを出品される作家さんと



チャリティアロマチームと一緒に



ハンドメイドブースのアクセサリーコーナー



そしてこちらがcreemaのnekodasukeショップからの出店と、その他のハンドメイドコーナー


中でも一番人気だったのは今回目玉のキーホルダーでした。

creemaで今後扱う予定の「うちの子キーホルダー」を作るきっかけになったこの台座。



可愛くないですか?
猫耳つきなんです。

たまたまこれを購入したショップで猫顔やイラストのガラスカボションが販売していました。
サイズが同じなのでうまくはまるか?と思い博打購入。

透明のもあったので一緒に購入。

そして実験してみたところ…



可愛い!思っていた以上に可愛い!
というわけで製品化することに。
イベントではその先行予約を受け付けていました。
二組ほど、作りたいと言っていただけました。

これから主力商品になるといいなー。

ちなみにこのキーホルダー、既成のものなら500円。
うちの子キーホルダーは1000円です。
独自輸入なのでかなり格安ですが、これでもしっかりと材料費差し引いて寄付ができるだけの金額になっています♡


creema nekodasukeショップのモットーは、「人も猫も幸せに♡」です。
これからも皆さんが嬉しくなるような作品を開発していきたいです。


ぜひご覧ください。






2022年4月23日土曜日

ねこのおちりブローチ。


 マニアックなものができました。



猫さんのおしりのブローチ。

最初は顔を作ってたんですが、これ糸ボタン用の台座を使っていて、
穴あきなので決まった場所にしか目をつけられなくて
思っているような表情が難しいなーと。

そこへ猫ボラのメンバーが「おしりにしては?」と

もともと、おしりブローチはいずれ作ろうと思って構想はあったので、
いっそそうしてしまいました。

黒猫さん

茶トラさん

白猫さん

さび猫さん

黒白さん

キジトラさん

三毛猫さん

の7種です。

試作品をインスタにあげたら、友人が買いたいというので黒猫をお譲り。
黒猫と白猫・さび猫を追加で作り、満を持してminneに公開しました。

minne作品ページはこちら

マニアックだけどどこかの誰かのツボになってるとウレシイ。

(ちなみに公開直後にひとつお気に入りに入りました。

世の中にはそういう人もいるんだ!と。)


こちらの作品も猫さんがま口同様、チャリティ品になっています。

2022年3月3日木曜日

ハチワレちゃんが仲間入り。



先日記事に書いた「絵本から出てきたような猫さんがま口」ですが、猫ボラメンバーであり、creema nekodasukeショップの参加作家さんでもある方のお知り合いから「ハチワレは作れませんか?」とのお問合せがありました🙌


以前からわたしも、三毛猫やハチワレを作りたいと思ってはいたものの、一度茶トラをminneで販売したら、ことのほか時間がかかってしまい、価格に見合わないことになるので柄猫は控えていたのでした。

…が、よく考えを巡らしてみたら、ハチワレはそれほど手間はかからないと気づきました💡

もちろん、多少手数が増えてしまうので、価格をあげるということを前提に試行錯誤💭

なんとか納得いくものができたので再度製作。

これは編み図というか、制作メモをつけておかないとちょっと厳しい…💦

そして出来上がったのがコチラ。




自画自賛ですが、いやあ、可愛い!

思っていた以上に可愛いです!

なんで作らなかったのかと。


でも、手数がかかるのでたくさんは作れませんね。

糸を変えてminneでも出してみようと思います。


creema nekodasukeショップはこちら

minne Boule De Pliはこちら


2022年2月7日月曜日

猫さんがま口が雑誌で紹介されます。

creemaのnekodasukeショップの紹介で雑誌に取り上げていただくことになりました👐

雑誌はAERA増刊号NyAERA2022で、こちらの中の

「猫助けになるふるさと納税&チャリティー猫グッズ」のページにて

取り上げていただきます。

発売日は2月16日です。


掲載作品2点中、2点にわたしの作品を選んでいただきました💕


まだcreemaには公開していませんが、定番の黒猫さん




と、以前から出品していた「愛猫とオソロ♡コットンクロシェ・チョーカー」の黒です。


作品選出時、大人が購読ターゲットだからか、シックな色合いがということだったので
今回このためだけにさっそく制作し写真を提出。

 
黒猫さんはすぐに出品したところ、即ご注文がきたので😂改めて作り
雑誌発売日に合わせて公開することにしました。

せっかく興味を持って来て下さって作品がなかったら申し訳ないので💦









実は今回、作家さんが新たに3名参加くださっていて、その方々の作品も同時公開いたします。
どの方も皆さん得意分野が異なっていて、作品もとっても可愛い💖ので
今から公開が楽しみです🎀






雑誌発売は2月17日とのこと。

発売日からしばらくは混雑してしまう可能性があります。
窓口はわたし一人で対応しているので、少しお待たせしてしまうこともあるかもしれませんが
ご了承くださいますようお願いいたします🙇

creema nekodasukeショップはこちらから👇👇👇

🎁 creema nekodasukeショップ 🎁


作品の売り上げは、creemaへの手数料と材料費を差し引いた全額を
猫ボランティアグループ「とよなか猫のかぎしっぽ」への
寄付とさせていただきます。

人も猫もしあわせに。



2021年11月12日金曜日

三角ショール。

今見たら、前回の更新より一年経過してる…






久々にはおりもの


春に見つけたwonder cottonはグラデーションがキレイ


サンプルの三角ショールが可愛くてついつい3つお買い上げ


でも、模様はもっとグラデーションが際立つのにしたいと思い

いただいた棒針の編み図じゃなくて

色々探した末、フライングタイガーさんのblogで見たものを参考に適当にアレンジ



糸ギリギリまで使ってできあがり

残った糸




編み始め




模様が出てくるとワクワクする

楽しくてあっという間に編み上がりました



お誕生日の友達にプレゼント

喜んでもらえてよかった


別の糸で自分の制作中



2020年11月14日土曜日

絵本から出てきたような猫さんがま口のこと。

 またしばらくのご無沙汰となりました。

現在、ハンドメイドショップはminnecreemaに出店していますが、

minneは個人のハンドメイド作品のショップとして、creemaは所属する猫ボランティアグループへの寄付支援のためのショップとして分けています。


creemaでの売上は材料費や手数料を差し引いた全額をボランティアグループへの寄付としているため、基本的にcreemaの作品はあまり材料費と手間がかからないものと決めて制作しています。


例えばこの作品は作業時間は短くて済むのと、材料費は少ないものを模索しました。


🐈 🐈 🐈


minneで以前から出している作品に猫さんがま口があります。




こちら好評ですぐに売れました。
作り方を流れ作業的にすることで制作にかかる時間は少しは省けると思い、更に糸や技法を区別することで
creemaでも出品できるかと思い、minneで出しているものに糸や技法で付加価値をつけて両方で値段の異なる同作品を掲載することにしました。


creemaでは従来通りの糸で、1500円で販売、材料費手数料を引いた金額は全て寄付
minneでは手紡ぎ糸や引き揃え糸、段染め糸、そして手染め糸など、同じ糸を使ったとしても全く同じものは作れない唯一の作品として作り、2300円で販売、材料費手数料を引いた金額の半分を寄付

どちらもチャリティー品になります。
廉価版となるcreemaの作品も、minneの作品同様丁寧に作っています。


🐈 🐈 🐈


なぜこのような棲み分けをするかというと、チャリティ品ばかりを作っていると自分の利益はないので、新しい作品を作るための素材を購入したり試作をすることができなくなるからです。
minneで出している作品を、creemaと同じにして金額だけあげることはしたくなかったので。

ありがたいことにこの子たちはイベントに出してもすぐに里親さんが見つかります。
これからもより可愛い作品づくりをがんばりたいと思っています。


creemaのチャリティショップ ➡ nekodasukeショップ https://www.creema.jp/c/nekodasuke
minneのショップ ➡ Boule De Pli https://minne.com/@bouledepli

どちらのショップもよろしくお願いいたします。




2020年5月15日金曜日

子猫用首輪の作り方。

子猫さんの頭は小さいので市販の首輪はすぐに外れてしまいます。
普通はある程度大きくなってから首輪を選ぶのでしょうけれど、わたしのように預かりをしていたり、複数の子猫を飼っている場合など、見分けをつきやすくするのに首輪は役に立ちます。
鈴をつけているだけでも行動範囲がわかるのもメリット。






作り方動画をyoutubeにアップしました。


かぎ針編みで細編みと長編みができれば作れます。
ぜひご活用ください。




2020年4月29日水曜日

マスクフックの作り方。


ここ数日、ネット接続が全体的に重くなっていますね。
今日もYoutubeへのアップロードが、午後3時からさっきまでかかりましたΣ( ºΔº )〣

今回の配信内容はこちら↓


マスクフックの作り方です。
マスクを常時つけていると耳が痛くなってきますよね?

こちら、まっすぐ編むだけの簡単仕様。
棒針編みでもかぎ針編みでもOKですし、なんなら市販の布や
ニット製のバレッタがあればもっと簡略化できます♪

ぜひ作ってみて欲しいです。


可愛く、簡単に、楽に♪マスク生活を!




2020年4月16日木曜日

マスク大人用小さめ型紙。

creemaにてチャリティ出品中のマスクがよく売れていて、マスク制作を担う作家さんの手が追いつかなくなっているので、わたしも制作参加しました。

ただ、このところの売れ方を見ていると、大人用のサイズよりも小さめサイズの方がよく出ているため、型紙をさらに増やし、大人用小さめサイズも作ることに。




型紙はYouTube動画の動画詳細のところからダウンロードしていただけます。
大人用・大人用小さめ・子供用・幼児用と4パターンで展開しています。










creemaのnekodasukeショップはこちら ↓ ↓ ↓



困っている方のお役に立てれば。


2020年4月15日水曜日

マスク徒然。

今、空前のマスク不足で、マスクのハンドメイドがもてはやされていますね。

わたしも多分に漏れず、猫ボランティアのチャリティ出品をしているcreemaのnekodasukeブースにてマスクをいくつか作って出品しています。
元々は一緒に活動している作家さんがマスクを主に出してらっしゃるんですが、数が追いつかないのもあり、子供用を作って出すことにしました。



ところで、この頃は編みマスクもちらほら見かけるようになりました。
いつか出るだろうと思ってて、やっぱりと。

でも、飛沫感染云々って状態なのに、編んだだけでガーゼつけていないのって本末転倒じゃないんでしょうか( •⌔• ;)

わたしのこの編みマスク…

こちらも一応チャリティ出品しているのですが、流行りに乗って奇抜なん作ったと思われそうでなんだか嫌です。

そういえばこれ、いつ頃作ったんだろうって遡ってみたら…作品として完成版となったのが8年前。
それより2年ほど前から構想練っていたので、かれこれ10年ものなのです。

今後、これをまた改良しようかなと思ってますが、マスクブームが去ってからすると思います…